【オートレース】初心者の予想方法が劇的に変わる予想基本講座!

ここでは、初心者が新聞の予想マークだけを頼るのではなく、実際に自分で予想するための基本を説明します。

yomessu
スポーツ新聞の予想だけじゃダメなの?
azassu
新聞の予想は朝刊に間に合わせるため、一番重要なその日の調子を知るためのレース直前に行われる【試走】の情報がないっていうのがネックなんだ!
yomessu
そうなんだ!でも【試走】てそんなに大事なの?
azassu
経験豊富な人でも【試走】のタイムから予想をする人が多くいるね!オートレース場に行けば出走表に【試走】のタイムを書き込んでいるお客さんを多く見かけますが、まさに【試走】から想定タイムを割り出しているところだと思うよ!
試走がなぜ重要かは、こちらの記事内の『タイムアップ』と『試走戒告』をご確認ください。
関連記事

ここでは、初心者が覚えておきたいルールをご紹介します。yomessuオートレース楽しくなってきたけど、ルールが全然分からないよ。azassuここでは、初心者が覚えておきたいレース前やレース中に良く[…]

予想基本!【試走】チェック

オートレースは、レースが終わったらすぐ次のレースの【試走】を行います。

その【試走】でまずは、レースに出走する選手・バイクの調子を確認します。

【試走】で分かるタイムは、100mのタイム測定で、全力で500m走ったタイムを計算して100mのタイムに計算したものです。

オートレース場は全国どこでも1周500m!

試走タイム画像

こちらは、オートレース場(場外オートレース売場)などでオッズ情報と共にテレビで放映されているものです。

純粋に試走タイムだけでいえば

【5→6→4=7→3→1→2】

となります。

これだけ分かるだけでも、的中率は大きく上がると思います。

〇試走では、前に目標となる選手が居ない1番車の選手はタイムが出にくいので、0.01秒ほど割り引いて考えます。
〇試走タイムはあくまでスタートや競争相手がいない状態でのタイムという事を忘れない。
スポンサーリンク

予想基本!【ハンデ】を試走タイムに組み込む

オートレースは、ランクの違う選手が同じレースで競い合います。

その実力差を埋めるために用意されているのが【ハンデ】になります。

azassu
ハンデがどのように予想に関係してくるかを説明している記事はこちら!
関連記事

オートレースには【ハンデ】というルールがあります。公営競技の中で技量が違う選手同士のレースで【ハンデ】を採用しているのはオートレースだけなので、【ハンデ】はオートレース独特の特徴といってよいと思います。azassu[…]

azassu
予想に組み込む際には、記事でも分かるように、10mを0.01秒として試走タイムに組み込んでいきます。

 

予想基本!【試走偏差】をチェック

試走タイムは全力で走った100mのタイムというのは説明しましたが、【試走偏差】とは

「試走タイムと実際のレースでどの位の差があるのか?」

を数値化したものと思って頂ければ分かり易いと思います。

偏差画像
試走タイム下の()の中が偏差の値

試走と実際のレースで変わってくるのは

①スタートの善し悪しが出る。
②競争相手がいる

以上の理由から一人で全力で走った時とタイム差が出ます。

スタートが上手じゃない選手はスタートで出遅れるし、レースであれば相手が自分のコースに入ってくることもある。

つまり、偏差が大きい選手は【スタート・レース運びが上手くない】と判断することが出来ます。

azassu
こちらが、オートレースオフィシャルに載っている偏差の計算例です。

試走偏差:試走偏差とは、良走路10走(近90日以内)の平均試走タイムと平均競走タイムの差です。

例1)平均試走タイム 3.40
平均競走タイム 3.475
――――――――――
偏差 +075
(小数点第1位起算)

例2)偏差が+075、試走タイムが3.35の場合・・・
想定される競走タイムは、
3.35(3.350)+075(0.075)=3.425となります。

出典:https://autorace.jp/netstadium/bundles/jkanetstadium/guide/guide_odds.html オートレースオフィシャルサイト 試走偏差について (autorace.jp)

スポンサーリンク

予想基本!【想定タイム算出】

ここまで【試走】+【ハンデ】+【試走偏差】で各選手の想定タイムを算出していきます。

試走で速いタイムが出てても実際のレースから導き出した【試走偏差】や【ハンデ】を組み込めば、想定される順位が逆転する場合が多々あります。

『A選手』3.42(試走タイム)+0.00(ハンデなし)+0.08(偏差)=3.50(想定タイム)
『B選手』3.42(試走タイム)+0.01(ハンデ10m)+0.05(偏差)=3.48(想定タイム)
『C選手』3.39(試走タイム)+0.03(ハンデ30m)+0.07(偏差)=3.49(想定タイム)
1着…B選手 2着…C選手 3着…A選手
上の例で分かるように、A選手とB選手は試走タイムで同じタイムでハンデも付いているB選手の方が偏差の差で、B選手の方が早いと予想できます。
また、試走ではC選手に負けてるB選手ですが、C選手にはハンデと偏差で勝っているのでB選手の方が速いと予想できます。

あとは、慣れてくればこの計算がすぐに出来る様になってきます。

azassu
これで、予想の基本はマスターしたと思います。
この予想に、スタートタイミングや地元などを組み込んで最終的な予想をしていきます。
yomessu
ここまでは、すごくい分かり易いね。慣れれば計算もすぐ出来そう。
azassu
初心者が気になる分かり易いルール説明はこちら!
関連記事

ここでは、初心者が覚えておきたいルールをご紹介します。yomessuオートレース楽しくなってきたけど、ルールが全然分からないよ。azassuここでは、初心者が覚えておきたいレース前やレース中に良く[…]

スポンサーリンク