【PIST6】年間の競技スケジュール

公営競技【競輪・オートレース・ボートレース・競馬】は、年末に一番大きなレースが組まれることが一般的です。
では、新たな公営競技【PIST6】ではどのようなスケジュールで年間のレースを行っていくのでしょうか?

2021年10月より開催されたばかりの競技の為、今後変化がある可能性もありますが、現状で分かっているスケジュールを他の競技との違いも併せてご紹介します。
※2021年10月現在

 

azassu
ここでは、PIST6のスケジュールに合わせて他の公営競技のスケジュールも紹介させて頂きます。
スポンサーリンク

公営競技の年間スケジュール

PIST6の年間スケジュール

新たな公営競技【PIST6】は、以下のような年間スケジュールになっています。

上記の図を見て頂いて分かるように、一番大きなレースを年度末の3月に予定してますね。

PIST6ではレギュラーシーズン(スプリング・サマー・オータム・ウィンター)の各チャンピオンとワイルドカードを勝ち上がった合計36名で【年間ファイナル】を戦って、年間チャンピオンを決定します。

競輪の年間スケジュール

競輪では1月~12月とPIST6とは違い年末に一番大きなレースが開催されます。
毎年12月30日に開催される【競輪グランプリ】出場の9名の枠に入るため1年間戦います。

〇年間6つあるGⅠレース優勝者
〇賞金獲得上位
GⅠレースの優勝者が全て違う選手となった場合は、
【例】
①GⅠ優勝者6名だった場合は、プラス賞金獲得上位3名の合計9名となります。
②GⅠで同じ選手が重複して優勝した場合、例えばGⅠ優勝者4名プラス賞金上位5の合計9名となります。
azassu
その年の調子が良い選手や実力上位の選手は、その年のGⅠを2~3優勝することもあるので、そういった場合には賞金獲得上位者が出場権を獲得できるということだね。
スポンサーリンク

オートレースの年間スケジュール

オートレースは競輪同様1月~12月を1年の区切りとしており、12月31日に一番大きなレース【スーパースター王座決定戦】が開催されます。

オートレースは最大8名でのレースとなるので、1月~12月でスーパースター王座決定戦に出場するためのトライアル戦に出る16名を選手が決定します。

azassu
オートレースは、競輪とは違い年間の上位者がそのまま最大のレースに参加するわけではなく、下記条件に当てはまる16名の選手を選考し、トライアル戦を行い成績上位8名で大晦日に火災される王座決定戦の出場者が決定するんだ。
〇年間4つあるSGの優勝者
〇各本場成績1位(本場は伊勢崎・川口・浜松・山陽・飯塚の5場)
〇SGレースおよび、プレミアカップの優勝戦獲得ポイント上位者
yomessu
オートレースの詳しいグレードレースはこちらの記事で紹介してます。
関連記事

オートレースには、【SGレース(スーパーグレード)】【GⅠレース】【GⅡレース】【通常開催レース】があります。yomessu競輪では、最高グレードは【GⅠ】だったはずだけど・・・azassuそうだ[…]

ボートレースの年間スケジュール

ボートレースでも1月~12月で1年間のシーズンが終わります。
ボートレースも12月に一番大きなレースである【ボートレースグランプリ】が開催されます。

yomessu
2014年までは「賞金王決定戦」となっていましたが現在は「ボートレースグランプリ」と変わっていますね。
azassu
昔からボートをやっている方は、「賞金王」の方が分かりやすいかもしれませんね。私も漫画の「モンキーターン」にハマっていたので「賞金王」の方がしっくりきます。
ボートレースは最大6名でのレースとなり、グランプリシリーズでは18名の選手でトライアル戦を行い最終日のグランプリ戦の出場者が決定します。
〇年間賞金獲得上位18名
azassu
分かりやすい!
単純明快ですごくしっくりきますね。
スポンサーリンク

まとめ

新たな公営競技【PIST6】のスケジュールと既存の公営競技(競馬除く)のスケジュールを解説してみました。

もっとも特徴的なのは、既存の競技が12月に大きなレースを持ってきているが、PIST6は3月設定している。

という部分だと思います。

もちろん、同様の自転車競技である競輪が12月にグランプリという1年で一番大きなレースを開催するため日程をずらした感じています。

azassu
私の感想では、現状ではPIST6の参加日本人選手の多くは競輪の選手であり、オリンピックに出場したKEIRINの代表も競輪選手が出場していることもありスター選手が分散されるのを避ける目的もあると思います。
yomessu
3月は競輪もGⅠレースはないもんね。例年だと【GⅡのウィナーズカップ】が開催されるのが3月だから、そこは分散されちゃうのかな?今後の情報もチェックだね。

競輪ファンとしては、トップ選手がぶつかり合うレースを年末のグランプリの他にPIST6の【年間ファイナル】でも見れるのはうれしいです。
と同時に、高齢化が目に見える本場や場外車検場売り場は若者を取り込もうと頑張っていると思いますが、PIST6という華やかで若者ウケする演出で魅せる自転車競技にネット投票オンリーという投票システムで、どのように生き残りをしていくのか心配になる部分でもあります。

場外車検場売り場の雰囲気も大好きで、PIST6のかっこ良い演出や手軽にできる投票システムも魅力的!できれば共存共栄できれば素晴らしいと思いますね。

azassu
もっと詳しい【PIST6】のスケジュール詳細はこちらより!
スポンサーリンク