【競輪】競輪グランプリ車番決定とライン予想!

2022年を締めくくる競輪グランプリ!
共同記者会見が開かれ、ようやく車番が発表されました。

アザッス
とうとう2022年も終わっちゃうんだと、毎年思う瞬間です。
ヨメッス
今年は、東北ラインが多いですね。それについても教えてね。
スポンサーリンク

過去20年の出目

グランプリ出場者をご紹介する前に、2001年~2021年までの優勝者と出目・配当金をご紹介させて頂きます!

アザッス
もし、買い目に困ったときは過去に多く出ている出目を参考に買う人もいますよね!
優勝した出目だけでなく、2着・3着の入ってこない車番も紹介!
予想の参考に使ってください!
あくまでも、過去のデータですよ!

競輪グランプリ車番決定!

1番車 古性優作選手

【出典:平塚競輪場

今年は、昨年の競輪グランプリ覇者として1年間1番車で活躍してくれました。
今季の成績は「全日本選抜競輪」「高松宮記念杯」の2つのGⅠで優勝!

アザッス
今年1年通した1番車と同様にグランプリでも1番車で走ってもらえますね。

2番車 郡司浩平選手

【出典:平塚競輪場

今年は9月に開催されたGⅡ「共同通信社杯」で優勝!
その他にもGⅢで3回優勝し、合計4回の優勝で賞金を積み上げました!

3番車 新山響平選手


【出典:平塚競輪場

2022年最後のGⅠ「競輪祭」で優勝しグランプリの切符を手にしました。
青森県勢からは競輪界のレジェンド「坂本勉」元選手以来のSS班が誕生しましたね。

アザッス
競輪祭は東北ラインの強さが光ってました。
グランプリでも東北勢が多いので団結力が見ものです。

4番車 守澤太志選手

【出典:平塚競輪場

3年連続でのグランプリ出場!
昨年はグランプリ前にけが(鎖骨骨折)で調子を崩したのが記憶にあります。
今年は絶好調という時期はあまり見ませんでしたが、それでも賞金を積み上げるあたりはさすがですね。

5番車 松浦悠士選手

【出典:平塚競輪場

2022年はGⅡ「ウィナーズカップ」の優勝をはじめ、GⅢでも5回優勝!
着実に賞金を積み上げる男でした。毎年、清水選手とラインを組んでいましたが、今回は単騎での勝負となります!

6番車 平原康多選手

【出典:平塚競輪場

2022年はGⅢの優勝4回!
強いですよね。昨年は、吉田選手・宿口選手と関東勢が3人出場したグランプリですが、今年は単騎での勝負です。

7番車 新田祐大選手

【出典:平塚競輪場

今年はあまり調子が良くなさそうでしたが、10月のGⅠ「寛仁親王牌」の優勝でグランプリの切符を掴むと共に、賞金獲得でも上位に食い込みましたね。

8番車 佐藤慎太郎選手

【出典:平塚競輪場

2022年グランプリが開催される平塚競輪場のGⅢ記念レースで優勝した佐藤選手。
バンクとの相性は良さそうです。

9番車 脇本雄太選手

【出典:平塚競輪場

ケガが心配された2022年当初とは違いGⅠも2つ制覇。
脇本選手がF1の開催に出るのはもはや反則に近い!という印象でしたね。
オリンピックの調整等で今年はSS班を逃してましたが、見事に1年で返り咲いた誰もが認める日本のエース!

アザッス
以上9名が今年のグランプリ出場者と共に2023年のSS班ということになります。
スポンサーリンク

2022競輪グランプリ ライン予想

グランプリのライン予想は、こちらになります。

共同記者会見でのコメントも元に予想すると・・・

【北日本ライン】
③新山選手ー⑦新田選手ー④守澤選手ー⑧佐藤選手
【近畿ライン】
⑨脇本選手ー①古性選手
【単騎】
②郡司選手
⑤松浦選手
⑥平原選手

アザッス
東北ラインが人数が多く長いラインになりました。
競輪祭で、新田選手の先行と守澤選手のガードに助けられた部分がありましたので、新山選手は恩返しのためにもがっつり頑張ってくれると思います。

まとめ

アザッス
個人的には地元の北日本勢が多くて、ドキドキしています。
特に新山選手は行きつけのサテライトのスポンサー選手にもなっているので、年末はそこで応援しようと思ってます。
また、単騎の実力者も多いので純粋なライン勝負より予想しづらいという印象ですね。
ヨメッス
家のことも手伝ってや・・・
賞金獲得と2022年のGⅠレースに関する情報はこちら
関連記事

競輪ファンが一番盛り上がる毎年恒例12月30日に開催される【KEIRINグランプリ】!この大会には、その年のGⅠ優勝者(6名)と賞金獲得上位者を合わせて9名でレースを行います。つまり、その年のトップを決める大会になります[…]

 

スポンサーリンク