【競輪】KEIRINグランプリ2022出場選手&開催場情報!

競輪ファンが一番盛り上がる毎年恒例12月30日に開催される

【KEIRINグランプリ】

この大会には、その年のGⅠ優勝者(6名)と賞金獲得上位者を合わせて9名でレースを行います。
つまり、その年のトップを決める大会になります。

アザッス
2022年の現在のグランプリ出場確定者と今後のGⅠ開催情報も一緒にご紹介します!
スポンサーリンク

KEIRINグランプリ2022出場者

確定している出場者をご紹介!

開催名優勝選手開催場
第37回読売新聞社杯全日本選抜競輪【2/20~2/23】古性優作選手取手
第76回日本選手権競輪(ダービー)【5/3~5/8】脇本雄太選手いわき平
第73回高松宮記念杯競輪【6/16~6/19】岸和田
第65回オールスター競輪【8/9~8/14】西武園
第31回博仁親王牌【10/20~10/23】前橋
第64回朝日新聞社杯記念祭(競輪祭)【11/22~11/27】小倉
賞金獲得上位者
賞金獲得上位者
賞金獲得上位者

一人の選手がGⅠレースを複数制した場合には、賞金獲得上位者の人数が増えます。

賞金獲得TOP10【2022】

GⅠ制覇以外でKEIRINグランプリへ出場するもう一つの道!
賞金獲得上位での出場!

このランキングからGⅠ優勝者を抜いた上位選手を加えて9名がグランプリの出場権を得ます。
GⅠは年間6開催なので、全てのGⅠ優勝者が別の選手だった場合は3名が賞金獲得上位者からエントリー!GⅠ優勝者が被った場合はもっと多くの選手が出場となります。

順位名前獲得賞金級班登録地
1位脇本雄太選手94,696,000円S1福井
2位佐藤慎太郎選手71,374,000円SS福島
3位古性優作選手63,000,000円SS大阪
4位松浦悠士選手51,595,400円SS広島
5位平原康多選手48,528,000円SS埼玉
6位清水裕友選手43,428,000円SS山口
7位守澤太志選手32,723,400円SS秋田
8位浅井康太選手25,476,600円S1三重
9位深谷知広選手24,494,000円S1静岡
10位郡司浩平選手23,220,000円SS神奈川
(2022年5月9日現在)
アザッス
賞金が高いGⅠを制している選手が、やはり上位に来てますね。
まだ半年以上あるのでどうなるか目が離せませんね。
スポンサーリンク

KEIRINグランプリ2022

2022年のKEIRINグランプリは、例年通り

12月30日に開催!

開催場は【平塚競輪場】!

アザッス
毎年持ち回りで開催しているKEIRINグランプリ!今年は平塚競輪場での開催ですね。
ちなみに最近では京王閣・立川・平塚のローテーション+静岡・岸和田でも開催実績があります。
施設や警備面も考えて、どこでも開催できるというわけではないんですね。

2022年GⅡレース紹介

紹介したように、グランプリにはGⅠ優勝者の他に賞金獲得上位という項目もあります。

6つあるGⅠレースを全て違う選手が優勝した場合では、賞金獲得上位者からは3名がグランプリへ出場できます。

ただ同一の選手が複数GⅠを制した場合には、賞金獲得で出場する選手の割合が大きくなるんです。

そして、ここでは賞金が大きいGⅠグレードに次ぐGⅡレースの開催情報をご紹介します。

アザッス
つまり、GⅠで優勝していなくてもGⅡやGⅢといった賞金が大きいレースで多く、優勝もしくは上位に入って賞金を稼いでいる選手もグランプリへ出場する可能性が高いっていうことだね。
開催名開催場優勝選手
第6回ウィナーズカップ【3/18~3/21】宇都宮清水裕友選手
第18回サマーナイトフェスティバル【7/16~7/18】玉野
第38回共同通信社杯【9/16~9/19】名古屋

 

スポンサーリンク