【ご祝儀袋・不祝儀袋】冠婚葬祭それぞれで使い分ける祝儀袋!

祝儀袋にはいくつか種類があります。

スーパーやコンビニなどで、祝儀袋に予め《御祝》《御霊前》など書いてあるものが多く迷うことはあまりありませんよね。

その為、しっかりと意味を分かって使っている方も少ないと思います。

ここでは、意外と知らないご祝儀袋・不祝儀袋の基本をご紹介します。

アザッス
袋の種類だけではなく、水引にも種類がありますし包の裏側にも慶事と弔事で違いがありますよ。例えば、葬儀で現金を包むときにお祝い事の袋を使ったら、思わぬ恥をかいてしまいます。この記事で冠婚葬祭で現金を包むときの参考にしてください。
ヨメッス
困ったときにすぐ分かるように、各行事毎の使用例一覧もご紹介しますよ。
〇慶事と弔事の袋の違い
〇場面によって使い分ける祝儀袋・不祝儀袋の種類と表書き
〇中包みの書き方
〇冠婚葬祭それぞれの水引と表書き一覧
スポンサーリンク

慶事と弔事の袋の違い

贈る目的や金額によっても袋が変わってきます。

金額によって変わる袋

金額によって使用する袋が違ってくるので、まずはそこからご紹介します。

金額が少額の際に使用する袋

まずは、金額が1万円以下の場合に使用する袋をご紹介します。

金額が少額の場合は、袋の水引は印刷で問題ありません。

お祝いの場合には、こちらの画像青矢印の部分のように表書きの右側にのしが付いているものを選ぶのが一般的です。

アザッス
のしは「のしあわび」の略で、古来ではおめでたい行事の贈り物に酒肴を贈っていた時の名残で、現在ではご祝儀袋にのしが付いたものを贈ります。
ヨメッス
弔事やお見舞いなどはお祝い事ではないので、のしが付いた袋は使用しないようにしましょう。

一般的な袋

一般的な袋は、慶事・弔事共に水引が付いたものを使用します。

やはりこちらも、慶事用の袋にはのしが付いたものを選ぶようにしましょう。

この袋を使用するのは、おおよそ1万円以上の場合となります。

高額の袋

結婚式などでは、高額のご祝儀を贈る場合もあるかと思います。

およそ5万円以上のご祝儀を包む場合には、豪華な水引が付いたものをご用意しましょう。

ご祝儀袋・不祝儀袋を持参するときに使用する【袱紗(ふくさ)】

現在では、ご祝儀袋・不祝儀袋をバッグなどにそのまま入れている方が多くいますが、本来ではふくさや小さな風呂敷に包んで持参するのが礼儀とされていました。

ふくさの包み方も慶事と弔事で違います。

引用元:袱紗(ふくさ)【訂正版】手ふくさ(風呂敷)の使い方・包み方

図を見て分かるように、左右が逆になっています。

袱紗や風呂敷を使用する場合は、受付の際に恥ずかしい思いをしない様に覚えておきましょう。

 

祝儀袋の選び方

ここでは、慶事・弔事での祝儀袋を間違えないようにご紹介します。

水引の選び方

目に見えて分かりやすいのが水引の色です。
結び方も「蝶結び」「結び切り」と2種類あり、使用用途によって違うので、使用する場面に合わせて

一般的には、

慶事の際は、紅白・金銀・金赤・金一色などのきらびやかな色の水引が使用されます。
弔事の際は、黒白・銀一色・白一色・黄白などの水引が使用されます。

水引の結び方の違い

水引の結び方は【蝶結び】【結び切り】の2種類。

蝶結びは、「何度繰り返しても良い」ような慶事の際に使用します。
(例)
出産や昇進の祝いなど、この先何度あっても良い時。
結び切りは、「2度とないように」との意味があり、弔事だけではなく使用します。
(例)
弔事や病気見舞い。結婚式のような慶事でも結婚に2度目がないように結び切りを使用します。
アザッス
結婚式で蝶結びの水引を使用したら、繰り返しということで「離婚」「再婚」を連想させるので使用しません。
ヨメッス
慶事では、紅白の派手な蝶結びの祝儀袋も多いので、間違えない様にしようね。
スポンサーリンク

冠婚葬祭の水引・表書き一覧

色々な場面で使用する祝儀袋の種類の一覧です。

迷った時の参考にしてください。

まずは、婚礼関係一覧です。

【婚礼関係一覧】水引のし表書き備考
結婚祝い紅白か金銀結び切りあり寿・御祝・御結婚御祝・御慶
心付け紅白か金銀結び切りあり御礼・御祝儀・寿会場スタッフや世話役の方へ
式場へのお礼(神社)紅白か金銀結び切りあり初穂料・玉串料・御礼神前挙式
式場へのお礼(お寺)紅白か金銀結び切りなし御布施・御礼仏前挙式
式場へのお礼(教会)白無地か白封筒なし献金・御礼チャペル挙式

挙式を執り行った式場へのお礼に関しては、表書きも封筒も変わりますので注意してください。

続いては、年中行事などのお祝い関係一覧です。

【お祝い事関係一覧】水引のし表書き備考
出産祝い紅白蝶結びあり御出産御祝 等出産後1か月以内には送りましょう
初節句紅白蝶結びあり初節句御祝・御祝 等初節句は1週間程度前には送りましょう
七五三紅白蝶結びあり七五三御祝 等
入学・卒業・成人式紅白蝶結びあり祝御入学・祝御卒業・祝成人 等それぞれ式の前に送りましょう
賀寿紅白か金銀蝶結びあり祝還暦・祝米寿 等誕生日前に送りましょう。当日持参でもOK
新築・地鎮祭紅白蝶結びあり新築御祝・祝御新居 等完成後の披露前に
開店・開業紅白蝶結びあり祝御開店・祝御開業 等披露当日に
受賞・受章紅白蝶結びあり御受賞御祝・御受章御祝 等受章直後に送る。パーティーがある場合は当日でもOK
発表会紅白蝶結びあり祝発表会・御祝 等前日までに。当日楽屋でもOK
昇進・栄転紅白蝶結びあり祝御昇進・祝御栄転 等職場の習慣に習いましょう

何度あっても良い祝い事は「蝶結び」がメインですね。

続いては【弔事】関係になります。

【弔事関係一覧】水引のし表書き備考
香典(仏式)白黒か銀の結び切りなし御香典・御霊前 等四十九日までは御霊前
香典(神式)白黒か銀の結び切りなし玉串料・御霊前 等蓮の花の無いものを選ぶ
香典(キリスト教式)白封筒ありでもOK御花料カトリックでの表書きは「御ミサ料」
お寺へのお礼白封筒か奉書紙なし御布施・御経料 等僧侶へのお礼は「御布施」でOK
神社へのお礼白封筒か奉書紙なし御神饌料・御礼
教会へのお礼白封筒なしカトリック「御ミサ料」

プロテスタント「記念献金」

世話役へのお礼白封筒か白黒結び切りなし御礼・寸志手伝ってくれた人へ
回忌法要(仏式)白黒か銀の結び切りなしご仏前・御供物料 等

挙式同様で弔事も宗教によって違いがありますので、失礼がないようにしましょう。

最後は、日常生活の中で使用する機会が多いものをご紹介します。

【日常一覧】水引のし表書き備考
病気お見舞い白封筒か紅白結び切りなし御見舞・御伺い 等
災害お見舞い白封筒か半紙なし災害御見舞・出火見舞 等
餞別紅白蝶結びあり御餞別・粗品 等退職の際の水引は「結び切り」
お中元・お歳暮・お年賀紅白蝶結びあり御中元・御歳暮・御年賀海産物を贈るときは「のしなし」
アザッス
同じ用途でも、宗教によって封筒や水引が変わる場合もあります。
ヨメッス
贈り物をするときも、海産物を贈るときには「のし」を付けないのが一般的なので包み紙にも注意をしなきゃだね。

まとめ

様々な場面で使用される祝儀袋。

なぜ、水引が2種類あるのか。ということも意味が分かれば納得ですね。

現在では挙式・葬儀関係の宗教は「仏式」「神式」「キリスト式」が日本では多く行われますが、今後国際化が進めば他の風習と共に祝儀袋も多様化してくるかもしれません。

ひょっとしたら、近い未来香典のキャッシュレス化が生まれるかもしれません。

時代に流れに合わせて、変化していく風習に対応できるよう今後も発信していきます。

アザッス
意外と知られていない「冠婚葬祭」の意味・由来に興味のある方は、こちらの記事をどうぞ!
関連記事

冠婚葬祭ってよくつかいますよね。でも、実際はすべての意味を分かって使っているわけではなく、分かりやすいところの「【婚】が結婚式かなぁ」「【葬】は葬式のことかな?」のような感じだと思います。ここでは、冠婚葬祭それぞれの[…]

 

スポンサーリンク