結婚式場を下見する際の準備!これだけは決めておくこと!

結婚が決まり両親への挨拶を済ませたら、結婚式を行う予定であれば結婚式場の下見をはじめます!

【急に結婚式を挙げる】事情がなければ、下見は早ければ早い方が良いと思います。

一般的には両家両親と新郎新婦で話し合い、結婚式の予定日が決まったらその予定日より半年~1年前には予約をしておきたいです。

〇早ければ早いほど希望の日取りを確保できる可能性が高い
〇結婚式の本格的な打ち合わせは3~4か月前から始まるため
〇ゲストへの報告が早くできる
大きく上の理由が挙げられます!
アザッス
本格的な打ち合わせが始まる3~4か月前になれば、招待状の準備や席順表作成など新郎新婦は大忙し!
やりたいことや使いたいアイテムを、余裕をもって考えるためにも早めに下見をして、気に入った式場にご予約をすることをおススメします。
ヨメッス
結婚式までの分かりやすいスケジュールはこちらの記事で説明しています。
関連記事

結婚が決まり、ご両親への報告や結納・顔合わせ会などで忙しくなってくると思いますが、同時進行で情報誌やネットなどで調べて結婚式場もチェックしていきましょう。結婚が来まったら、結婚式以外にも婚姻届けや新居など考えなければいけ[…]

スポンサーリンク

結婚式場の下見予約をする

結婚式場の下見ですが、地方ではお住まいの地域に結婚式場が少なく既にいくつかの式場で目星がついている場合と、大都市でいくつもの結婚式場があってどこに下見に行けばよいか分からない場合と2パターンあると思います。

すでに式場の目星がついている場合

地方であれば新聞の折り込みチラシや式場のホームページで、ブライダルフェアの告知を行っている場合が多いです。

初めての会場見学の予約であれば、ホームページやチラシ等で【BF(ブライダルフェア)】を開催している日を予約するのが一番だと思います。

〇BF(ブライダルフェア)では、模擬披露宴や料理試食など結婚式を体感できるため
〇初めての来館予約で【特典】が付く場合が多い
〇会場の空き状況(枠)や見積もりなどゆっくり相談できる
〇ご両親も一緒に連れて行きやすい
アザッス
地方で会場の目星がついている場合、新郎新婦やご両親もすでに親戚や友人の結婚式で会場を見たことがある場合が多いと思います。
既に利用している友人達からも情報収集して、気になる会場から見学していきましょう。
〇ホームページ方の予約
〇BFの日を確認して電話予約
予約は、大きく上記2点になると思います。
その他に地方では、プランナーと知り合いがいたりというような繋がりもあったりするので、友人の評判なんかで友人を通してプランナーを紹介してもらい予約をする。というような方法もあると思います。
アザッス
地方ならではという感じはしますが、私がプランナーをしていた時は結構担当した新郎新婦から友人の紹介や、担当した新郎新婦の両親と仲良くなって会社の部下の新郎新婦を紹介してもらったりしました。
もちろんプランナーも、知っている方からの紹介は気合が入りますよね!

大都市での式場見学

大都市の場合は、地方と違って【式場が多すぎてどこにすればよいか分からない】という悩みが出てくると思います。

そんな時に、どこから見学予約をすればよいか決めるオススメな調べ方がいくつかありますのでご紹介します。

〇結婚情報誌での情報収集
〇ホームページで情報収集
〇相談カウンターで相談
大きく上の二つでの情報収集となると思います。
【結婚情報誌での情報収集】と【ホームページでの情報収集】はそのままの意味になりますね。
雑誌やホームページからお2人に合う式場を探し出して見学予約をする方法になります。
ただ、大都市では式場も多く情報誌を見ても写真数枚と会場のスペックだけの情報では、本当に良いかどうか分からないというのが現状ですよね。
私が大都市どこを見に行けばよいか分からないという方にオススメなのが【相談カウンター】です。
もちろん、会場見学でも予約方法によってメリット・デメリットがあるので、そちらについては詳しく説明している記事があるので参考にしてください。
関連記事

結婚式場を予約する際に、どこから予約をすればよいのか?今では色々な口コミサイトや予約サイトからも見学予約が出来ます。また、お2人の要望を聞きながら希望に合った式場を教えてくれる相談カウンターと呼ばれるものもありますね。さ[…]

相談カウンター

相談カウンターも多数業者がありますが、どのような役割をしているかというと、新郎新婦お2人の結婚式に期待する希望やゲストの人数・予算などを詳しく聞き取りをしてお2人に合った式場を提案してくれる場所になります。

 

アザッス
事前にお2人とご両家の希望を伝えて探してもらうので、最初からお2人の希望に近い式場を紹介して頂けます。
何件も式場を回る時間がない、希望通りの式場を探すのが大変。というすん郎新婦には最適だと思います。
相談カウンターも多数ありますので、おすすめの相談カウンターをご紹介させて頂きます。
理想の結婚式を!【Hanayume】
4.7



〇ハナユメにしか掲載していないお得な特典「ハナユメ割」が満載

〇全国11箇所の「ハナユメウエディングデスク」で結婚式のプロに無料相談ができます
 カフェのようなオシャレさが特徴の「ハナユメウエディングデスク」第3者目線でプロのアドバイザーが、おふたりにピッタリの式場をご紹介。
 半個室のソファ席でリラックスしながら結婚式準備や費用などについても相談できます。

ヨメッス
【Hanayume】さんは自宅からでもビデオチャットで相談できるし、オンラインで式場見学も出来るよ。
きっとお2人のご希望に合う式場が見つかると思います。

式場見学時に準備すること

さて、前置きが長くなりましたが結婚式場を見学に行く際に準備することと、その理由をご説明します。

①結婚式を挙げる日取り候補
②ゲストの大まかな人数
③挙式のスタイル
④予算感
上記4つは、ほぼ確実に質問されることになると思います。
では、なぜこの4つが必ず聞かれるか説明します。

①結婚式を挙げる日取り候補

非常に大事なことですよね。お2人・ご両家のお仕事の都合や遠方から来るのであれば連休が良いなど、色々と日取りにも希望が出て切ると思いますが、結婚式場の空き(枠)は早い者勝ちです。

アザッス
せっかく気に入った会場でも、希望の日が空いていないのであれば予約はできません。
こちらはご両親にも確認をして、出来れば候補を2~3日くらいは考えておいてください。
日取りは、ご両親に了承を得ておいてください。ご両親の年齢が高ければ高いほど六輝を気にします。
分かりやすく言えば、大安や友引にしてほしいという希望があったりします。そして、出来れば仏滅は避けてほしい。というご両親の意見をよく聞きます。中には、予約をした後にご両親から日取りの反対を受けて後から日付の変更をしたことがあります。
変更する日が空いていればよいのですが、日取りを気にするということは【大安などの人気の日取りに変える!】場合が多く、すでに会場が空いてない可能性が高まります。
ヨメッス
このような状況にならない為にも、早めに会場見学に行って日取りが変更になったとしても問題なく会場が空いているような状況で結婚式の話を進めたいですよね。

②ゲストの大まかな人数

ゲストの人数を把握していくことは、式場の予約をする際に非常に重要になってきます。

その理由は、

〇ゲストの人数が予約する会場に収容できるか
〇大まかでも人数が分からないとお見積もりが出せない
という理由からになります。

ゲストの人数が予約する会場に収容できるか?

お2人が予約しようとしたルームにゲストの予定人数が収まらなければ、そのルームでは披露宴を行うことはできません。
もちろん、どうしてもそのルームが良いということで人数を減らすことはできますが、その場合であっても誰を減らすのかという問題も出てきます。

逆にお2人が気に入ったルームがお呼びするゲストの人数に合わないくらい大きかった場合、会場の空きスペースが気になると思いますし、会場側としても今後そのルームに合うような人数のお客様が来た時のために、そのルームでの予約は取らないようにすると思います。

以上に理由から、ゲストの人数に合う適性のルームを提案するためにも人数を把握することが重要になってきます。

人数が分からないとお見積もりが出せない

これはそのままの理由になります。

料理・引き出物・招待状に至るまで人数で数が決まります。招待状などは両親・兄弟に出さない風習の地域もありますが。

その為、大まかでも人数が分からないと料金の話も出来ないという状況にもなりかねませんので、予め人数の把握をして見学に行くようにしましょう。

スポンサーリンク

③挙式のスタイル

挙式のスタイルも決めておいた方が良いでしょう。

特に大都市の結婚式場は、敷地の問題などで「チャペル」はあっても「神殿」がない式場が多いです。つまり【神前式】が出来ない場合が多いんです。

アザッス
地方でも新郎新婦のお考えで、式場内の神殿ではなく《挙式は実際の神社で執り行い。その後披露宴は会場で》という方もいらっしゃいます。
ヨメッス
神殿がない式場でも、近くの神社と提携してあったり対応できる式場はあるのでしっかり確認しましょう。
〇挙式が対応出来るかどうかの判断
〇挙式により金額が違う
〇衣装を着る着数が変わる=見積もりが変わる

挙式により金額が違う

挙式の種類によって金額は変わってきます。

挙式のスタイルは式場によって千差万別なので、どれ保金額が違うかは言い切れませんが筆者のいた式場では

【人前式】<【神前式(式場内)】<【チャペル式】

のような割合で金額が違いました。

ただ、神前挙式でも式場にある神殿と神社では金額が違うと思うので、こちらは要確認です。

またチャペル式でもオプション等で大人数の聖歌隊を付けたり音楽隊を呼んだりすれば金額は大きく変わってきます。

アザッス
ブライダルフェア等で良く開催する【模擬チャペル式】なんかは、新郎新婦やご両親を感動させるために音楽隊を入れたり式場をお花で埋め尽くしたりしてますが、実際ご自身の挙式でそれを再現しようとすると、《聖歌隊のオプション》+《フラワーアイテムのオプション》で金額が跳ね上がったりするので、きちんと確認してくださいね。

衣装の着数が変わる

地域によって衣装の着る点数も大きく変わります。

多いところをいくつか紹介します。
※ウェディングドレスを白ドレスと表記します。

①《紋付・色打掛》+《タキシード・白ドレス》+《タキシード(同じもの)・色ドレス》=新郎2点・新婦3点

②《タキシード+白ドレス》+《タキシード+色ドレス》=新郎2点・新婦2点

などが多いパターンだと思います。

ただ、神前挙式では一般的に白打掛が定番の衣装になります(色打掛で行う場合もあります)。
そうなると、純粋に衣装が一着増えますよね。

アザッス
衣装代も増えますが、お色直しの時間もかなり変わってきます。和装に合わせた化粧と洋装の化粧が大幅に違うためです。
そのため、スケジュールも大きく変わってきますよ。
ヨメッス
もちろん人生の一大イベントなので【こだわりたいところ】はこだわりを持ちつつ、待っているゲストのことも考えつつ、お二人に合った良い選択をしてください。

予算感

予算は大まかに考えておいてください。

多くの式場は、結婚式当日までにある程度の金額を前払いすることになると思います。
中には結婚式の前までに全ての費用の支払いが必要になる式場もあります。
※これは式場や地域によってかなり違うので契約前にちゃんと確認してください。

つまり、結婚式でゲストからご祝儀を受け取る前に支払うべき金額がある。ということになります。

 

アザッス
私の故郷の青森県も支払いは後払いでOKの式場が多い地域ですね。
青森県と北海道ではご祝儀ではなく会費制の結婚式が多く、遠方の方に招待状を出すと招待状に会費金額が明記されていることに驚かれます。
この話はまた別の記事でご紹介します。
そのような理由から、事前に支払いしなければならない金額があるのでその金額が出せるのかどうか?を知る必要があります。

まとめ

以上のことを準備していけば、式場の担当者ともスムーズにお打ち合わせができると思います。

もちろん、すべての項目を確定させる必要はありません。挙式とかは実際の会場を見てから決めたいという方もいると思います。
ただ、式場の担当者からはこちらの記事で書かれていることは、ほぼ確定で聞かれると思うので事前に準備されて方が良いと思います。

アザッス
準備が整ったら、いざ見学予約!
【会場への結婚式申し込みはどの方法がお得!】はこちらの記事を参考にしてね。
関連記事

結婚式場を予約する際に、どこから予約をすればよいのか?今では色々な口コミサイトや予約サイトからも見学予約が出来ます。また、お2人の要望を聞きながら希望に合った式場を教えてくれる相談カウンターと呼ばれるものもありますね。さ[…]

ヨメッス
プロポーズ~両親への挨拶~結婚式当日までの詳細記事はこちらから探せるから参考にしてね。
関連記事

結婚が決まり、ご両親への報告や結納・顔合わせ会などで忙しくなってくると思いますが、同時進行で情報誌やネットなどで調べて結婚式場もチェックしていきましょう。結婚が来まったら、結婚式以外にも婚姻届けや新居など考えなければいけ[…]

スポンサーリンク